個別株(日本・海外)

【マジ?】Amazonが日本で環境破壊か!?日本国内の450か所に太陽光発電網の建設計画を発表したぞっ

三菱商、アマゾンと太陽光発電網 国内450カ所

 

米アマゾン・コムと三菱商事が、日本国内に450カ所程度の太陽光発電設備を新たにつくることが7日、分かった。

発電した電気はアマゾンの物流センターや多数のデジタル機器を運用するデータセンターなどに10年にわたって供給することを想定している。  

アマゾンは2025年までに事業で使う電力を再生可能エネルギーで賄う方針で、安定的に調達できる仕組みを三菱商事とともに整える。  

関係者によると、発電容量の合計は一般家庭約5600世帯の使用量に相当する2万2千キロワットの予定。発電設備は関東地方と東北地方に置く見通しだが、詳細な場所は明らかにしていない。

記事の続きは
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/cfe6e69dd98c0a4cae95c9a3b7f753b5348b9291

≪ネットの民のつぶやき≫

アマゾンの倉庫の上に太陽光パネル敷き詰めますって、いってるだけ。
むしろ今までなかったことが不思議。駅や空港の屋根の上には既についてますがね。

太陽光もそうだし、雨水の貯水槽や、屋上ガーデンも一定以上の高層ビルでは、義務化してれないかな。病院や役所では、震災時に雀の涙かもしれないけど、ライフラインとして役に立ちそうだし、植物を育てるのって情緒の安定や、食べ物のありがたさを育てるのに一役買いそうだよ。

どうせ建物は要るし、屋根だって要るんだから、ソーラーパネルを屋根材にすれば無駄がない。緑地を潰さなくても設置できる場所は沢山ある。

三菱商事といったらローソンを思い浮かびます。ローソンの屋根は平らであることが多いのでそこに敷くんじゃないでしょうかね。駐車場の電気自動車用充電器を設置がより一層拡大が見込まれるそう。

セブンイレブンやイオンなど多くの大手企業が店舗屋根や事業所屋上を中心として全国的に設置を進めると発表している。
太陽光は固定買取制度により普及が進んだことでコストが低下し、補助に頼ることなく発電が可能になった。このペースでさらに普及が進むだろう

総電力量を450箇所で割ると45kW程度。
1箇所50kW未満なので自家用電気工作物ではなくなります。管理費用を抑えるためですね。

記事にある通りならば、2.2万kWhで一般家庭5600世帯分、すなわち一世帯約4kWhの計算は片流れや陸屋根なら20~30坪の一軒家で設置できるレベル。
アマゾンの流通センターならすぐに到達しそうなんだけど・・・

管理コストの関係で、1ヶ所あたりは50kw未満でしょう。サラリーマンが副業で買っているのと同規模のものですから、450ヶ所といっても大したことはありません。

どでかい配送センターやたらと作ってるから、その敷地と屋上とか壁面でもかなり発電できると思うぞ。
Amazon批判は勝手にすれば良いが、まだ何かアクションしてる分だけ企業としてマシではないかな。

このアマゾンの脱炭素社会への取り組みは、何と具体的で素早いのか!

Amazon株を買うには1株で約39万円からの購入になってしまいますがスマホ証券【PayPay証券】を使えば1000円からコツコツ株を買うことができます。

PayPay証券は圧倒的にアプリが使いやすく、日本株だけでなくアメリカ株もわずか3タップで購入ができます。上場投資信託(ETF)も合わせると300銘柄以上に投資ができ、高配当株に積み立て投資も可能で配当金を安定的に受け取ることも可能です。

\1000円からあの株が買える/

PayPay証券

環境破壊ガーがいっぱいいるけど、記事をちゃんと読もうなwww

【朗報】スマホでたったの1000円~あの超有名企業へ投資ができる最強の証券会社『PayPay証券』がすごいっ!!!!PayPay証券はスマホで簡単かつ低予算から株式投資ができるサービスです。 日本株だけでなくアメリカ株にスマホから簡単に投資できます!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA