株全般・投資信託

【FIRE】米国株で1億円達成!初心者でも成功できる方法はコレだっ!!!

米国株投資で1億円!FIREを果たした元金融マンが教える「米国株は上級者向けで、初心者向きではなくないですか?」

 

某大手金融機関に勤めていた著者は、40歳で早期リタイアを考え始め、2019年に資産1億円を達成。51歳で早期リタイアを実現した。初の著書『【エル式】 米国株投資で1億円』では、FIRE(経済的自立と早期退職)の原動力となった米国株投資術を全公開。基礎の基礎から、年代・目的別の具体的な投資指南、最強の投資先10銘柄に至るまで、“初心者以上マニア未満”の全個人投資家に即役立つ米国株投資を徹底指南する。  

米国株投資の基礎知識をわかりやすく伝えるため、Q&A形式で基礎の基礎からお伝えします。  

Q 米国株は上級者向けで、初心者向きではなくないですか?  

A 米国株こそ初心者向け、日本株に比べて不利な株をつかむ危険度も低いです。 米国株は1株から買えるため、有力な銘柄でも1万~2万円から投資が始められます。  

100株単位でしか買えない日本株では、その10倍以上の資金が必要になることもあります。  

資金面のハードルから見ると日本株より米国株のほうが初心者向けといえるでしょう。  

さらに米国株式市場は、世界中から資金が入ってきており、世界でいちばん注目されている市場です。

投資に関わる法整備がしっかりしており、投資に関するいろいろな情報が共有されているので、市場が効率的になり、それぞれの銘柄が適切な価格(フェアバリュー)で取引されています。  

誰も知らないような小さい銘柄なら話は別ですが、少なくとも私が投資しているような米国株のポピュラーな銘柄なら、たとえ超割高で買っても損をするリスクが低いのです。  

米国株に比べると、日本のメジャーな銘柄はすでに割高になっている恐れがあります。  

海外の機関投資家のように大きな資金を持っているところが、そうした銘柄を買いやすいからです。 海外の機関投資家も米国株だけを買っているわけではありません。

リスクヘッジ・分散投資のために日本株にも一定の割合で投資しています。

 

記事の続きは

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f05c4aeb0025037cf9bd2542f0f5c6496ad89e3c




日本株を買うには1単元(100株)で数十万円から、アメリカ株を買うには数万円からの購入になってしまいますが、スマホ証券【PayPay証券】を使えば1000円からコツコツ株を買うことができます。

PayPay証券は圧倒的にアプリが使いやすく、日本株だけでなくアメリカ株もわずか3タップで購入ができます。上場投資信託(ETF)も合わせると300銘柄以上に投資ができ、高配当株に積み立て投資も可能で配当金を安定的に受け取ることも可能です。

\1000円からあの株が買える/

アメリカ株は初心者向けで投資必須。だけど日本株も大切だぞ!

PayPay証券

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA